置き換えて痩せる!置き換えダイエットの特徴とメリット・デメリットとは?

置き換えて痩せる!置き換えダイエットの特徴と利点・欠点とは?

置き換えダイエットとは?

最近話題の置き換えダイエットとは、ダイエット食品や特定の食品や飲料に1日3食のうち1食を置き換えるダイエット方法だといいます。

その目的は1日に摂るカロリー量を減らすことです。

どんな人でも簡単に行うことができるダイエット方法だといえるかもしれません。

割と簡単に手に入る食材を使ったこんにゃくダイエット、りんごダイエット、キャベツダイエットなどの置き換えダイエットが注目されていたこともありました。

置き換えダイエット用に開発されたダイエット食品も販売されています。

ダイエット食品といってもパスターやヌードルなどもあり、低カロリーでもお腹いっぱいになりすいものです。

最近ではクッキーやゼリータイプなどのダイエット食品も人気です。

いつも食事量が多かったり、間食をよくしたりして通常のカロリーの摂取量が多い人ほど置きかえダイエットのダイエット効果を得やすいといいます。

このダイエット方法では、カロリーの摂取量を少なくしてダイエットを短期間ですることは可能ですが、そこから体型を保ち続けるのが簡単ではないといえるでしょう。

食事制限によるダイエットと置き換えダイエットは同じということになります。

手軽に体重は減らせますが、リバウンドの危険性が高い方法でもあります。

低カロリーの食事に1日一度置き換えるだけでできるのが置き換えダイエットの特徴です。

リバウンドを予防するためには、適度な運動や生活習慣の見直しなどを置き換えダイエットと組み合わせる必要があるでしょう。

置き換えダイエットの利点

いろいろと工夫して実践することができるうえに、基本的なダイエット方法は簡単なところが置き換えダイエットの良いところかもしれません。

ある特定の食事に1日1回交代させるだけで良いのです。

置き換える食事は自分のダイエットの目標や、食材の好みによって決定することができるのがポイントです。

食材の調達ができれば、思い立ったその時からダイエットを始めることができます。

置き換える食材は、毎日絶対に同じものではなくても良いそうです。

市販のダイエット食品と、りんごやバナナなどの特定のフルーツを交互に置き換えるといったことも可能です。

面倒なカロリー計算をしたり、ダイエットのために低カロリーのメニューを考えて料理をしてダイエット食を準備しなくても、置き換えダイエットをすることができます。

ダイエット効果を置き換えダイエットで得るまでの期間はけっこう短いといいます。

ダイエット方法の中でも、特定の日までに必ず痩せたいなど短期間でのダイエットを目的としている人に向いているのが置き換えダイエットなのです。

置き換えダイエットは運動に苦手意識がある人や、忙しくてダイエットエクササイズやウォーキングに時間を取られたくないという人にも向いています。

もっと気軽にカロリーを抑えたダイエットをしたいという人には、食事をチェンジするだけの置き換えダイエットは良いのではないでしょうか。

置き換えダイエットの利点は、状況や好みに合わせて無理のないダイエット方法を実践することができるという点にあるといえます。

置き換えダイエットの欠点

ダイエット後のリバウンドをしやすいという欠点が、置き換えダイエットにはあるようです。

ダイエット方法の中でも食事による摂取カロリーを抑える方法が中心となるのが置き換えダイエットなのです。

早くダイエットをしたい場合には食事制限が最も効果的なのですが、カロリーをため込みやすい体になるというデメリットがあります。

食事制限によるダイエットをした直後に今までどおりの食事をすると大変です。

体重が増加するのは、体が一気にエネルギーを蓄積しそれを脂肪に変えるからです。

置き換えダイエットでも、目標体重を達成したからと元どおりの食事に戻したらそれが原因で体重が戻ってしまうというケースがあるようです。

置き換えダイエットの後でリバウンドをしないようにするポイントは、体重をゆっくりと減らすようにすることです。

身体への負担は、急激に減った体重の分と同等なのです。

表向きにはダイエットができたように見えて、本当はリバウンドしやすい体に変わってしまっただけのことがあります。

急激なダイエットではなく、1カ月に1~2キロを目安に少しずつ体重を減らしていくことが置き換えダイエット時のリバウンドの回避策になります。

やり続けることが重要なのです。置き換えダイエットを終了させてからも大食いや高カロリーな食事は控え、栄養バランスのいい低カロリーの食事を続けたいものです。