顔のたるみを防ぐ!顔のたるみの原因と防ぐ方法とは?

顔のたるみを防ぐ!顔のたるみの原因と防ぐ方法とは?

顔のたるみのサイン

顔のたるみは年齢を重ねるとともに気になるものではないでしょうか。

顔のたるみを防ぐにはいち早くそのサインに気が付き早めの対策をとることが重要です。

顔のたるみが始まっているサインとはどのようなものなのでしょうか。

頬を指先で押してみても中から戻ってくる感じがしないときはたるみが起こっている証拠です。

弾性の失われた肌が重力に引かれて下へと下がるのは、よくある光景です。

写真に写ったときに、輪郭がぼおけているときもたるみに要注意です。

年を取ると、起きた時に枕の布目が頬に残っていたという人もいるのではないでしょうか。

様々な形で、頬のたるみが目立ってきたことを認識する機会がる存在しているようです。

年齢と共に重力に負けてしまっている顔のたるみは、日々のいろいろな場面で気づかされます。

年齢とともに起こる顔のたるみは老け顔の最大の原因になります。

鏡で顔をチェックしたときに毛穴の様子でも顔のたるみがわかります。

目の下、鼻の横あたりは要チェックです。

たるみのある皮膚の毛穴は、重力方向にだえん型になります。

皮膚が伸びて、毛穴もそれにつられて伸びているためです。

肌がたるんでいると、頬を手のひらで下から持ちあげたとき、毛穴の縦穴が小さくなって目立たなくなります。

顔にたるみができる場合、必ず事前にその前兆が起きています。

些細な変化も見逃さないことです。

顔のたるみの原因

顔のたるみが起こると一気に顔が老けてしまいます。

顔のたるみが起こる原因とはどのようなものなのでしょうか。

若いころはたるみが起こらなかったのに年をとると重力に負けてしまいます。

押すと返してくる肌のハリを維持しているのはコラーゲンです。

肌のたるみは、たとえ皮膚が自重で重力方向に引っ張られようとも、コラーゲンがあればたるみができたりしません。

皮膚のたるみが目立つようになるのは、紫外線やストレスでコラーゲンが失われるためです。

顔にたるみがふえるのは、表情筋の衰えも罹っています。

笑ったり、怒ったり、悲しんだりする人の表情は、表情筋のなせるわざです。

肌のコラーゲンと同じように表情筋の力も年齢を共に衰えていきます。

笑ったときのほうが表情筋をたくさん使うといいます。

表情が硬くあまり笑わない人は表情筋の老化を早め、顔のたるみの原因となるでしょう。

日常生活でのちょっとしたクセも顔のたるみの原因になることがあります。

手のひらや、手の甲に頬を乗せて頬杖をつく人がいますが、やりすぎると頬の皮膚が引きのばされてしまいます。

この他、顔のたるみに気をつけたほうがいい癖には、眉間のタテジワや、への字の口があります。

口角をわずかに上げて、笑顔を浮かべているように見せることによって、顔のたるみ効果が期待できます。

顔のたるみを防ぐ

顔のたるみがあると老けた印象を与えてしまいますので、なるべくならたるみのない肌をキープしたいものです。

顔のたるみを防ぐ方法はあるのでしょうか。

普段肌のお手入れをするときに顔のたるみを防止するために気を付けたいことがあります。

手を動かすときに下から上へ、内から外へを基本とすることです。

ファンデーションを塗るときにも意識すると顔が持ち上がる感じがするでしょう。

日々やることなので、正しい方法で顔の皮膚を扱うことを覚えれば、それだけたるみ対策に有効です。

マッサージで血流を促進し、肌を引き締めてたるみ予防に役立てる方法もありますが、力の加減が大事です。

皮膚を引っ張って負担をかけてしませわないよう、鏡で加減を確認しながら、しわにならないようにして揉みます。

マッサージするときにはマッサージクリームを使うのが良いでしょう。

余分な力が入らなくなり、摩擦を防ぐこともできます。

マッサージができないときはクレンジングのときに指の動かし方を意識するだけで顔のたるみ防止になります。

表情筋を鍛えることも顔のたるみ防止には不可欠です。

たるみの解消だけでなく、表情筋をよく動かすことで血流がよくなってむくみも緩和されますので非常に有用です。

たるみ対策に有効な表情筋のストレッチは色々なり方がありますので、ちょっとした時間の合間にやってみてください。

強い紫外線を浴びた肌は保湿力を失い、たるみが目立つようになりますので、顔のたるみ対策には、紫外線を浴びないようにすることも大事です。