肩甲骨ダイエットで痩せる!肩甲骨ダイエットの基本ストレッチと効果とは?

肩甲骨ダイエットで痩せる!肩甲骨ダイエットの基本ストレッチと効果とは?

肩甲骨ダイエットとは?

たくさんの人が、肩甲骨ダイエットで痩せようとしているようです。

ストレッチで肩甲骨の周囲をよく動かして痩せることを、肩甲骨ダイエットと呼んでいます。

肩甲骨の周辺には、褐色脂肪細胞という細胞が存在しており、この細胞を活性化することでダイエットを促進します。

朝晩2回たった5分間のストレッチですっきりボディを手に入れることはできるといいます。

肩甲骨と周辺には脂肪を燃やしやすくする褐色脂肪細胞があります。

褐色脂肪細胞とはエネルギーとして食事で摂取したカロリーを放出させる働きのある細胞です。

肩甲骨を動かすことで褐色脂肪細胞の働きを活発にして脂肪を燃焼しやすい体にすることができるのです。

リンパ腺の働きを、肩甲骨の運動で活発にすることで、むくみやセルライトの蓄積を防ぐことができるようです。

褐色脂肪細胞を刺激し、ダイエットに役立てるには、1日5分の運動を習慣づけるようにするといいでしょう。

ストレッチ運動は、起床後と就寝前の1日2回がおすすめです。

いずれのストレッチも、30秒程度ですることができます。

ストレッチの間呼吸は止めずに自然にします。

吐くと吸うという指示があるところはそのようにします。

ストレッチを行う場合慣れるまでは鏡を見ながら行ったほうが良いでしょう。

誰でもできる簡単な肩甲骨のストレッチでダイエットに是非チャレンジしてみましょう。

肩甲骨ダイエットの基本ストレッチ

ダイエットのために、脂肪の燃焼を助ける肩甲骨のストレッチが効果的だと言われていますが、どういった方法が有効なのでしょう。

肩甲骨の上下運動ストレッチでは、足を肩幅くらいに広げて真っすぐに立ちます。

ゆっくりと息を吸いながら腕を上げ、頭上で手のひらをくっつけます。

次に手のひらを外側に向け、ひじを少し後ろに引き肩甲骨が中央によるように意識しながら腕をゆっくり下します。

最後に肩甲骨を中央に寄せて息をゆっくり吐きながらひじを無胸の位置までゆっくりおろしましょう。

肩甲骨を真ん中に寄せるイメージで行えばうまくいくでしょう。

肩の回りがすっきりとするに違いありません。

この他に、肩甲骨を上下や左右に動かすストレッチもあります。

立ち姿勢から始めますが、足は肩幅より広いくらい、つま先は外に向けます。

ひじを曲げずに腕を前方に伸ばして交差させます。

親指は後ろ側に向けて、そのまま腕をゆっくりと頭の上にまで上げます。

半円をイメージしながら腕を上げて、クロスさせていた両腕を横に開いていきます。

肩甲骨を真ん中に寄せるように意識して腕を下しましょう。

開いた腕は肩の高さで止めた状態から手を前でクロスさせる姿勢に戻します。

全身の筋肉をより深いところまで使うことのできるストレッチです。

毎日起きたときと寝る前に5分間ゆっくりと肩甲骨ストレッチを行ってダイエットを成功させましょう。

肩甲骨ダイエットの効果

近年では、簡単なダイエット方法として肩甲骨ダイエットが注目されています。

一体どういったやり方で、肩甲骨ダイエットは行われているものなのでしょう。

運動が得意でない人でも、苦痛を感じずに継続できることが、肩甲骨ダイエットのいいところです。

ボディラインの改善や新陳代謝のアップ、冷えやむくみの改善などの効果があります。

姿勢も良くなるので肩こりや腰痛が改善したり、便秘や生理痛が改善するという効果もあるようです。

肩甲骨ダイエットは質の良い睡眠を取ることで相乗効果を得られるといいます。

人間の体は、眠っている間に体内のエネルギーを消費して、1日の疲労を回復させます。

睡眠時にエネルギーを使わせることは、ダイエットのポイントになります。

ダイエットを効率よく行うには、いい睡眠を取るようにすることが大事です。

お腹が空いているときに肩甲骨ダイエットのストレッチをすると効果が高まるといいます。

内臓脂肪は、空腹を感じている時の方が燃えやすいとされているためです。

普通の運動の場合には空腹で行うのは避けるべきですが、肩甲骨ダイエットのストレッチはほんの5分程度のものなので問題ありません。

肩甲骨ダイエットは忙しい人でも短い時間でできるものなので継続しやすいことからかなりの成功率を誇っています。

3か月でウエストがマイナス8センチという効果を得られた人もいるほどです。

誰でも気軽に取り組める肩甲骨ダイエットで健康的なダイエットをしましょう。